長い整備の一日

まずはオイル交換。
使うオイルはMotul 300V。
f:id:devilcat:20200719180601j:plain
右側のカウルをはずすだけで交換できるので、楽な方なのかな?
f:id:devilcat:20200719181003j:plain
ドレンボルトにワイヤリングをしているので、ワイヤーをカット。
f:id:devilcat:20200719181026j:plain
フィラーキャップも同様にカット。
f:id:devilcat:20200719181042j:plain
カット後。
f:id:devilcat:20200719181202j:plain
f:id:devilcat:20200719181212j:plain
オイルを抜きます。
f:id:devilcat:20200719181334j:plain
オイルを抜いてる間にリアホイール交換。
f:id:devilcat:20200719181523j:plain
ホイールの交換にはスピーダーレンチが便利です。
f:id:devilcat:20200719181618j:plain
緩めたら縦にするとくるくると回せます。
f:id:devilcat:20200719181702j:plain
チェーンをひっかけてから
f:id:devilcat:20200719181845j:plain
リアブレーキを入れつつ、リアホイールを取り付けます。
f:id:devilcat:20200719181941j:plain
装着後。
f:id:devilcat:20200719182017j:plain
f:id:devilcat:20200719182047j:plain
ホイールを締め付ける際はスプロケとチェーンの間にエクステンション等を噛ませて締め付けましょう。
f:id:devilcat:20200719182251j:plain
全く垂れなくなってからドレンボルトを取り付けます。
f:id:devilcat:20200719182428j:plain
ワッシャーは毎回交換。
純正はかなりつぶれるタイプのワッシャーで毎回ドレンボルトから抜くのが面倒なので、キタコのワッシャーを愛用しています。
漏れ防止という意味では純正のほうがいいのかもしれません。
f:id:devilcat:20200719182519j:plain
次はオイルフィルター交換。
サーキットを走るごとに換えています。
おおよそ年10回程度ということでしょうか。
f:id:devilcat:20200719182848j:plain
今回のオイルフィルターは2りんかんブランドで売られているベスラ。
なぜか純正のオイルフィルターがBOだったので。。。
f:id:devilcat:20200719183030j:plain
Akrapovicにしたらカップ型のフィルターレンチが使えなくなってしまったので、ベルト型のフィルターレンチで緩めます。
せっかくGSX-R1000用にカップ型のフィルターレンチ買ったのに。。
ヨシムラのフルエキもエキパイ外せってどこかで見た気がしますから、エキパイを外さずに交換しようとした場合、多分カップ型のフィルターレンチは使えないでしょうね。
なお画像は逆向きに入れてしまっています、フィルターレンチ。
f:id:devilcat:20200719184226j:plain
ある程度ゆるんだら、パッケージの厚紙をかまし
f:id:devilcat:20200719183110j:plain
エキパイに垂れないように手で支えてやります。
なんか手放しで放置できるいいグッズ作れないですかね??
f:id:devilcat:20200719183143j:plain
ここも全く垂れなくなってからオイルフィルターを取り付けます。
f:id:devilcat:20200719183717j:plain
オイルフィルターのOリング部分には少しオイルを塗布してやるのが定番…だった気がします。
たしかOリングがねじれないように…だったような。
f:id:devilcat:20200719184159j:plain
狭くて手締めだと不安な感じなので、フィルターレンチを使って軽く締めてやります。
f:id:devilcat:20200719182913j:plain
防爆用&緩み止めにバンドを締めて、バンドにワイヤリング。
f:id:devilcat:20200719185253j:plain
オイルはとりあえず3L。
オイルジョッキが3Lのジョッキしかないというのもありますけど。
f:id:devilcat:20200719185321j:plain
オイル満タン入ります(笑)
f:id:devilcat:20200719185521j:plain
エンジンかけて一応1分程度アイドリングさせて、しばらくしたらオイル量の確認。
GSX-R1000はオイルが落ちてくるのが遅いのか、長めに待った方がよさげです。
f:id:devilcat:20200719192747j:plain
MAXになるくらいまでオイルを足してやります。
たぶん全部で3.2L。
f:id:devilcat:20200719192940j:plain
あとはドレンボルトとフィラーキャップをワイヤリングしたらオイル交換完了です。
f:id:devilcat:20200720002930j:plain
f:id:devilcat:20200719185300j:plain
続いてにECUの交換。
ノーマルECU
f:id:devilcat:20200719194023j:plain
このお高そうな箱に入っているECUに交換します。
f:id:devilcat:20200719194208j:plain
ヨッシムラムラの文字がまぶしいキットのECUです。
f:id:devilcat:20200719194305j:plain
キットのECUに交換されました。
逆向きに収まるため、取り付けると区別がつきません。
f:id:devilcat:20200719194005j:plain
続いてフロントホイール交換。
まずはキャリパーを外します。
f:id:devilcat:20200719230432j:plain
ホイールを外して
f:id:devilcat:20200719230627j:plain
先日サーキット用のタイヤを組んだホイールを取り付けます。
f:id:devilcat:20200719231052j:plain
そのままキャリパーピストンの揉み出し。
f:id:devilcat:20200719233627j:plain
台所用洗剤をかけて、歯ブラシでわしゃわしゃします。
f:id:devilcat:20200719233650j:plain
綺麗になりました。
f:id:devilcat:20200719233911j:plain
CCI メタルラバーを吹き付けてピストンを押し戻します。
ピストンぐりぐりしてから押し戻すのか、押し戻してからピストンをぐりぐりするのが正しいのかよくわかりません。
f:id:devilcat:20200719234234j:plain
不要なメタルラバーをできるだけきれいに落とします。
f:id:devilcat:20200719234439j:plain
ピストンツールでピストンをぐりぐりしてやります。
ピストンの位置は同じ位置に戻すのではなく、少し回転させた状態にしてやります、一応。
f:id:devilcat:20200719235732j:plain
そしてエア抜き
マスターの画像は撮り忘れました。
f:id:devilcat:20200720000101j:plain
f:id:devilcat:20200720000111j:plain
リアブレーキも。
リアブレーキの揉み出しはすっかり忘れて、リアホイールを交換してしまいました。。
f:id:devilcat:20200720003259j:plain
最後に左側のスイッチを純正に戻して、クラッチレバーホルダーをZX-10Rのものに交換して本日の作業は完了です。
もう遅くなりすぎてこれしか画像がありません。。
f:id:devilcat:20200720003320j:plain