サーキット走行 31回目

1本目。

撮影してない、ラップタイマーも動かしてないという何をやってるんだかわかんない状態でスタート笑

そして…4周目か5周目くらいにコケました。。

アクセル開けてないわ、それほどスピード上げてたわけでもないわでよくわからないままリアからステーンと逝きました。。

ダメージはスライダーとステップバーが削れたくらい。

知人の助けもありグラベルから調達してきた砂利を取り除いて挑んだ2本目。

途中で雨はパラつくわ、ガソリンもなくなるわでタイムアップできないまま終了。

前回もタイムでなかったし、これはもしかして…イップス?笑

バイク整備 ハーネス問題 とりあえず完了

テールランプのものと思われる配線ですが、とりあえず純正と同じ3Pコネクタをとりつけて、

f:id:devilcat:20210417085032j:image

ダミーのコネクタをつけて終了ということにしました。

f:id:devilcat:20210417085041j:image

それっぽいテールランプをつけちゃうぞ、についてはまた構想を練ってからトライする予定です。

バイク整備 最後になると思った配線修理

こんな雑に処理されているハーネスを修理することにしました。

f:id:devilcat:20210412121232j:image

たぶんテールランプの配線のはずなので、コネクタと端子を用意してました。

まずばワイヤーシールを先に入れて、端子をカシメます。
f:id:devilcat:20210412121241j:image

プロと違いカシメがうまくいってないことがあるので、ハンダ付けします。

f:id:devilcat:20210412121236j:image

端子が熱で弱くなるという話も聞いたことがありますが、ハンダ付けで落ちた耐用年数よりも抜けないことの方が重要です。

ハンダ付けをしたらワイヤーシールを端子の方に移動してカシメます。
f:id:devilcat:20210412121244j:image

コネクタに刺さないままで純正のテールランプにつなげてみましたが、なぜかどう挿しても点灯しません。

テスターで電圧を測ってみるも0V…

ここで配線の太さが違うことに気付きました…

これはもしかして、と配線を確認するもどうも素人作業臭くない。

なんだべぇと頭を捻っていたらふと思いつきました💡

f:id:devilcat:20210412194647j:image

ちゃんらーん。点きましたよ、テールランプ。

どうやらヘッドライトの切り替えスイッチをハイ側にしてやらないと電気が来ないみたい。

問題ないことはわかったものの、これはこれでどうしよう。。。

バイク整備 防水コネクタの作成とスイッチボックスのコネクタ交換

部屋のなかをゴソゴソしていると思いがけないところからヘッドライト用のコネクタが見つかりました。

それも2つ。

f:id:devilcat:20210408075223j:image

ただし配線用ワイヤープラグしかないため少し加工が必要です。

f:id:devilcat:20210408075121j:image

液体ガスケットでもいいでしょうし、バスコークやセメダインのスーパーXのような接着剤でも穴を塞ぐことは可能だと思います。

私が選択したのはホットメルト。

それをワイヤープラグの穴にそっと注入します。

f:id:devilcat:20210408075136j:image

はみ出た部分はある程度カッターで整形していますがこの程度にしかきれいにできませんでした。。。

f:id:devilcat:20210408075153j:image

コネクタに挿入するとこんな感じ。

f:id:devilcat:20210408075202j:image

見た目が美しくないので、ダミープラグが欲しいですね^^;

足りなかったコネクタも届いたので先日と同じように防水コネクタを作成。
f:id:devilcat:20210407171805j:image

ついでに使いにくい左のスイッチボックスをK8以前のスイッチボックスに変換コネクタを作って取り付けていたのですが、サーキット専用マシンになってしまったので、思い切ってコネクタを交換することにしました。

K8以前の左のスイッチボックスは10ピン。

f:id:devilcat:20210407171813j:image

K9以降の左のスイッチボックスは13ピンなのでこんな変換コネクタを使っていました。
f:id:devilcat:20210407171819j:image

スイッチボックスが壊れた場合にできるだけ簡単に交換できるように、と考えていたんですよ。。

変換コネクタの配線を参考にコネクタを交換しました。
f:id:devilcat:20210407171809j:image

ついでに足りなかったコネクタも届いたので先日と同じように防水コネクタを作成。
f:id:devilcat:20210407171805j:image

車体に取り付けます。

f:id:devilcat:20210412084821j:image

f:id:devilcat:20210412084830j:image

バッテリーを取り付けてスイッチの確認。

問題なさそう。

といってもハザードスイッチの確認くらいしかできませんでしたが笑

最後にダクトのゴムの確認。

思ったよりしっかり留まっているようです。

f:id:devilcat:20210412085019j:image

ゴムが車体に入りやすいようにゴム側と車体側両方に薄らグリスを塗ってアッパーカウルを取り付けたら、今日はおしまい。
f:id:devilcat:20210412085006j:image

バイク整備 キャッチタンクステーの追加工と雨対策

まずは放置プレイをしていたキャッチタンクステーの加工から。

f:id:devilcat:20210404221417j:image

早々に加工に飽きてガタガタになってしまったところもありますが、見えるところではないですしヨシとすることにします。

コネクタは4つ用意しました。

f:id:devilcat:20210404160328j:image

このコネクタにそれぞれダミー栓を入れるだけの簡単なお仕事です。

f:id:devilcat:20210404160337j:image

いれたらこんな感じ。

f:id:devilcat:20210404160342j:image

これをハーネスの使っていないコネクタにつけてあげます。

使ってないコネクタは右側スイッチのメーター切換、左側スイッチのモード切り替えが2つ、ステアリングダンパーのソレノイドバルブ、それと…もう一つはなんだろう??

結局もう一つコネクタが必要なことに気がついて今日のところはここで終了。

仮組みしてやるとこんな感じです。

f:id:devilcat:20210404235313j:image

あとはヘッドライトのコネクタも同じように処理してやらないと…

にしてもレースやってる人ってこの辺気にしないんですかね?

雨の場合走らないのなら問題ないんですけども。。

またサーキット走行を諦める

先々週から全く変わらない天気予報。

ずっと雨が降る予報です。

先の予報なんてだいたい変わっていくのにねぇ。。

とりあえず3週連続ですが、諦めることにします。。。

工具 ebayで入手したスナップオンのラチェットをグリスアップ

まずトルクスのT10で蓋をとります。

f:id:devilcat:20210329233301j:image

蓋を取るとバネがレバーがあるあたりにバネがいるので注意が必要です。

ギアを外します。
f:id:devilcat:20210329233311j:image

クサビを外します。
f:id:devilcat:20210329233307j:image

カムを外します。
f:id:devilcat:20210329233242j:image

カムの上には薄い板バネがいらっしゃいます。

またカムを外すとレバーを固定するためのタマタマがいらっしゃいますので、どちらも無くさないように注意してください。

レバーを外せば分解は完了です。
f:id:devilcat:20210329233315j:image

外した部品一式。
f:id:devilcat:20210329233254j:image

全てパーツクリーナーで古いグリスを落とします。
f:id:devilcat:20210329233257j:image

洗浄後の部品のは間違って写真を消してしまいました。。

各部品にスーパーグリスを塗っていくのですが、少し出しては筆で伸ばすようにすれば必要以上にグリスを使わなくて済みます。
f:id:devilcat:20210329233304j:image

てんこ盛りにしたところで全く意味はないですから。

スレッドコンパウンドも基本的には筆で塗ってます。

ヘッド側にも塗っておきます。
f:id:devilcat:20210329233318j:image

ここからは手が油ギッシュになるため、組み込んだところまで省略です。
f:id:devilcat:20210329233249j:image

あとは蓋のネジを締めたらおしまいです。
f:id:devilcat:20210329233246j:image