通信販売

わざわざブログにあげるくらいですから、海外から個人輸入でございます。

オーダーフォームからではなくExcelのオーダーシートに記入してメールで送信する上に、日本のように記入についての説明や記入例もないため若干苦労しましたが、どうにか注文することができました。

届くのはおそらく月末になると思いますが、取り付けるのは来月末になると思います。

シーズンインは早くて来月末ですしね。

ラチェットハンドルのメンテナンス 続き

前回忘れらていたKTCのショートラチェットハンドルとバラすことのできなかったSnap-Onのベントハンドルラチェットをようやくメンテナンスすることにしました。

そのままではどうやっても抜けないので、釣具屋さんでこんなのを用意しました。

f:id:devilcat:20210104203502j:image

錘用の鉛です。

これをソケットが刺さる部分に巻いてやります。

出来るだけ傷がつかないように二重に巻いてやりました。

この状態で万力でギッチギチに固定してやります。
f:id:devilcat:20210104203803j:image

そして長年使っている首の曲がったゴムハンマーでガツンと一発!

f:id:devilcat:20210104203604j:image

無事分割できました。
f:id:devilcat:20210104203533j:image

パーツクリーナーと歯ブラシできれいにしてやります。

f:id:devilcat:20210104230816j:image

切り替えのレバーの動きが悪かったので、、Zoilスプレーを吹いてやりました。

f:id:devilcat:20210104230838j:image

汚れを落とすという意味ではCRCの方が良いのかもしれません。

Zoilスプレーを吹いたらレバーを何度も切り替えてやります。

動きが良くなったらパーツクリーナーで汚れたZoilを

落として、前回も使ったチェーンオイルを塗布して組み付け。

蓋を嵌めるときに気がついたのですが、錆びや汚れで固着しているのではなく、F723と違い嵌め合いがキツかったようです。

ついでに比べてみるとF723のほうが回転が軽いので、蓋と中身は交換した方がいいのかもしれません。

次はKTCのショートラチェットハンドル。

調べてみると型番はBRM20-100で、歯数60枚、送り角度は6°なのだそうです。

ネジではなくCリング的なもので止まっているので、非分解ということなのでしょうか?

ちょっとわかりにくいですが、赤丸の箇所にマイナスドライバーでも入れてこじってやれば簡単に外れます。

f:id:devilcat:20210104230641p:image

バラすとこんな感じ。

他のラチェットハンドルと違って外側にギアがあります。
f:id:devilcat:20210104203544j:image
f:id:devilcat:20210104203554j:image

この子は少し錆があったので、錆びた部分は柔らかめの真鍮ブラシで錆を落としてからオイルアップしてあげました。

最後にリングを嵌めるとかに少し苦労しましたが、無事完了。

これで全てのラチェットがオイルアップされました。

スプロケットとロングアイドルアジャストスクリューの取り付け

まずはハブダンパーの交換。

f:id:devilcat:20201231182655j:image

古いハブダンパーを外すと意外と汚れているので、清掃してみます。
f:id:devilcat:20201231182659j:image

そこそこきれいになりました。
f:id:devilcat:20201231182712j:image

ハブダンパーにはシリコングリスを塗って取り付けます。
f:id:devilcat:20201231182649j:image
f:id:devilcat:20201231182703j:image

続いてドリブンスプロケットの取り付け。

固着しないようにスレッドコンパウンドを塗布します。

f:id:devilcat:20201231182641j:image

寒さで硬くなっているのか全く伸びないので、ナット側にも塗ってやりました。

はみ出た分は後から拭き取ってやればいいんです。

今回はスプロケットナットは純正です。

締め付けトルクは60N・m。

f:id:devilcat:20201231205206j:image

続いてドライブスプロケット

飛び出たシャフトのサビが気になったので真鍮ブラシで落として、防錆にチェーンルブを塗っといてやりました。

f:id:devilcat:20210111234544j:image
f:id:devilcat:20210111234547j:image

シコシコ頑張りましたが、溝の部分はあまり落ちませんでした。。

ドリブンスプロケット、ワッシャー、ナットの順に取り付けます。

f:id:devilcat:20210111234715j:image
f:id:devilcat:20210111234723j:image

ナットにはがっつりネジロックが塗ってあるので、公道や同じサーキットばかり走る人はこのまま締め付ければ外れることはないでしょう。
f:id:devilcat:20210111234728j:image

ドライブスプロケットの締め付けトルクは130N・mです。
f:id:devilcat:20210111234719j:image

ネジロックの量が多すぎてはみ出してきます笑

最後に待ちに待ったロングアイドルアジャストスクリュー。

f:id:devilcat:20201231183523j:image

今時はアイドリングもECUで調整するらしく、一般公道走行不可商品です。

今度はネジピッチも同じです。
f:id:devilcat:20201231183527j:image

純正のアジャストスクリューと交換してやるだけです。
f:id:devilcat:20201231183517j:image

細かい調整はシーズンイン前にするとします。

ラチェットハンドルのメンテナンス

そういえばさっぱりやってないな、と思い立ちメンテナンスをすることにした…のですが、思い立ってから1週間ほど何もしないまま過ごしました笑
メンテナンスといってもパーツクリーナーで古い油を落として、新しい油を入れてやるだけなんですが。。
気がつけばこんなにふえてました。
f:id:devilcat:20201231180008j:plain
トルクレンチは東日のトルクレンチを4本、中村製作所(KANON)を1本、ラチェットハンドルはスナップオンが2本とコーケンが3/8、1/2をそれぞれ1本、KTCのショートを1本持っています。
トルクレンチはすべてkgf・cmです。
おじさんなので。
トルクレンチは225QLは1番、そのほかのトルクレンチは2番のプラスドライバーで蓋を外します。
東日のトルクレンチはこんな感じ。
f:id:devilcat:20201231180728j:plain
f:id:devilcat:20201231180057j:plain
f:id:devilcat:20201231180048j:plain
古いので1/2でも爪が1つですね。
スナップオンのF723Aはこんな感じ。
f:id:devilcat:20201231180823j:plain
やっぱりよく考えてつくってある…気がします。
コーケンの1/2は最近の少し歯数が多いので爪が2本仕様になってるっぽいですね。
f:id:devilcat:20201231180827j:plain
バラしたらパーツクリーナーで古い油を流して、AZのチェーンオイルを塗布します。



バイクレース用チェーンルブ EP 110ml
 
ネットで検索するとグリスでいいとかダメだとかいろいろやってる方がいますが、
要はある程度油膜を保持して粘度が低いものがよさそうなので、
いつも使っているAZのチェーンルブを使うことにしました。
どうにか日が暮れる前に終わりましたが、1本だけ分解できませんでした。
スナップオンのF732Aです。
たぶんF732Aです。
錆びてるのか蓋が外れないんですよね。。
ちょっと良い外し方はないかこれは調べてみようと思います。
そして何故かKTCのショートを忘れていることにブログ書きながら気付きました。

またよい年を迎えられそうにありません(何においても)

新たにノートパソコンを購入しました

相変わらずのド中古ですが(笑)
Allows Tab Q507/PBではちょっと使いづらかったので、普通のノートパソコンにしました。
メーカーは仕事で使っているLenovoで、機種はX270です。
f:id:devilcat:20201224112303j:plain
少し前のモデルですが、こいつでやることのメインはEM Proの書き換えになるので十分です。
SSDの容量は128GBと若干心もとないですが、これ以上使用するかどうかは微妙な感じですので、とりあえずメモリだけ交換します。
メモリはT15で使っていた32GBを移植します。
なのでまずはT15から、メモリとSSDを抽出します。
f:id:devilcat:20201227205108j:plain
SSDは使えないのですが、手元に置いておきます。

T15を元に戻したら、X270の分解。
購入したX270はキーボードを交換する必要があります。
f:id:devilcat:20201227205154j:plain
裏蓋を取るだけでメモリは交換できますが、キーボードを交換する必要があるため、さらにバラします。
f:id:devilcat:20201231180929j:plain
必要ないとどこかのブログに書いてありましたが、なんだかんだでフロントバッテリーとHDDも外した方が作業が楽です。
さらに白いプレート(?)も外します。
f:id:devilcat:20201231180929j:plain
ようやくキーボードの裏側とご対面。
タッチパッドのフレキシブルケーブルはキーボードに接着してあるようなので、慎重に外します。
f:id:devilcat:20201231181054j:plain
事前に入手していたキーボードに交換し、M/Bまで元に戻して、メモリを交換したらとりあえずACアダプターを繋いで起動してみます。
f:id:devilcat:20201231181132j:plain
問題なし!

これであとはWindows 10でEM Proと通信できるようにするだけだな(←それが大問題)

ふるさと納税

なんだか表題と趣旨が若干違ってる気がしますが、サラリーマン生活では唯一できるといっても過言では無い節税ですよね。

今年初めて申し込んでみました。

これダブルワーク禁止の会社でも副業の住民税を特別徴収にすることで会社にバレなくなるってメリットもありますね^ ^

ふるさと納税で納税した分が住民税から差し引かれるから。

さてふるさと納税ですが、いろんなサイトから申し込むことができますね。

ちょっと調べただけで以下のサイトがありました。

楽天ふるさと納税
ふるなび
ふるさとチョイス
さとふる
ふるさとプレミアム
ふるぽ
ふるさと本舗
au PAY ふるさと納税
ANAのふるさと納税
三越伊勢丹ふるさと納税
ふるさとパレット
さのちょく

なかでも楽天ふるさと納税楽天ポイントが最大30%貰える二重取りもいいとこのサイトになっているのでこの中ではベストかもしれません。

でも中でも大事なのは返礼品ですよね。

私はちょうど欲しいものもあったさとふるで申し込みました。

ここは楽天リーベイツ経由で申し込むことで楽天ポイントをゲットできますから、なかなかお得なふるさと納税サイトといえるんじゃないでしょうか?

オリジナルの返礼品も多いようですし。

他のサイトもAmazonギフト券が還元されたりするようですし、また同じ返礼品でも支払う金額が違ったりするのかもしれません。

1月1日から12月31日までたっぷりと時間はありますから、最もお得なサイトをじっくり検討しましょう。

歯医者に通い始めました

ちょっと前に穴が空いたと思ったら崩壊し始めたので、ようやく歯医者に行き始めました。

どうにか抜歯はしなくてよかったのですが、むかーしむかしに治療した歯がちょっと残念な感じみたい…

さてどうするか…