バイク整備 ラチェットハンドルの再グリスアップとフックボルトの交換

まずは東日の225QLとコーケンのラチェットハンドル。

f:id:devilcat:20210504011215j:image

続いて450QL、1400QL、1800QLの3本。
f:id:devilcat:20210504011236j:image

次にスナップオンのF723Aとコーケンの1/2ラチェットとKTCのコンパクトラチェット。
f:id:devilcat:20210504011240j:image

最後は相変わらず万力で固定してしばいてやらないとハズれないF732A。
f:id:devilcat:20210504011244j:image
f:id:devilcat:20210504011219j:image

ついでに先日コケた際に削れてしまったジュラコンのフックボルトを交換。
f:id:devilcat:20210504011247j:image

前は錆びないようにとステンレスボルトを使っていたのですが、ステンレスボルトだと削れたりした場合に外しにくいので、鉄ボルトのまま使用することにしました。

でも錆びるのはイヤなので、スレコンをペタペタ。
f:id:devilcat:20210504011232j:image

若干塗りすぎた感はありますが、取り付け完了。
f:id:devilcat:20210504011228j:image

f:id:devilcat:20210504011223j:image

スイングアームとフックの間は本当は何もないのですが、何もない状態でカラーごと締めつけるのはイヤなので、ワッシャーを1枚カマしてやりました。
f:id:devilcat:20210504011212j:image