リアサスペンションのスプリングをアイバッハのスプリングに交換

リアスタンドを掛けてから、ステップにステップ スタンドを掛けて、リアスタンドを下ろすとリア周りがフリーになってサスペンションを取ることができます。

f:id:devilcat:20200907235353j:image

と、その前にフックレンチでロックナットを緩めてやった方が後が楽だと思います。

何年も触ってないならラスペネ等を掛けておいてあげる方が良いでしょう。

f:id:devilcat:20200907235348j:image

外れたサスペンション。
f:id:devilcat:20200907235333j:image

下側の割カラーを外せばスプリングを抜くことができます。
f:id:devilcat:20200907235357j:image

ひたすらロックナットを緩めて、割カラーを外すとこんな情けない姿に…
f:id:devilcat:20200907235412j:image

スプリングの比較。

アイバッハの方が長いです。

というより純正のスプリングの長さが規格品じゃないみたいです。

f:id:devilcat:20200907235324j:image

組み込んでみたところ。

アイバッハのスプリングの方が長いので、組み込むのは少しコツが要ります。

コツなんかよりスプリングコンプレッサーでスプリングを縮めてやる方がイニシャルかける作業も楽チンです。
f:id:devilcat:20200907235337j:image 

アイバッハのスプリングは203mmです。

イニシャルは15mmかけるので、スプリングが188mmまでロックナットを締めてやる必要があります。

f:id:devilcat:20200907235408j:image

締める前にロックナットのネジ部に軽くゾイルスプレーを吹いてやります。

これでつぎは少しは取りやすい…はず。
f:id:devilcat:20200907235405j:image

目標の188mmまで縮まりました。
f:id:devilcat:20200907235327j:image

ボルトとカラー、ベアリングはグリスアップ。
f:id:devilcat:20200907235344j:image 

まずは上側からボルトを入れてやります。
f:id:devilcat:20200907235340j:image

つぎは下側なんですが、サスペンションを取り付けているボルトを外しただけではなぜかサスペンションが入らないので、他の2本のボルトも緩めてやりました。

緩めれば隙間が開くので、サスペンションが入りやすくなります。
f:id:devilcat:20200907235330j:image

緩めたボルトを基底のトルクで締め付けたら完成です!

小豆色のスプリングが凛々しいです(笑)
f:id:devilcat:20200907235401j:image